美容機器『Piel』について


当サロンで使用している「Piel」は厳しい機器安全試験と臨床実験において安全と効果が認められた総合美容機器です。
≪Piel (ピエル)は「安全」「安心」「結果」を徹底して追及≫
Piel (ピエル)は「安全」「安心」「結果」を徹底して追及!という自信ある機器だそうです。
当サロンに導入する際、研修を受けその研修でOKサインが出なければ導入ができません。
研修をちゃんと終え、MDSさん(Piel製造販売会社)からディプロマが発行されます。

  • ①安全にトリートメントを行って頂く為に
    日本人のお肌を徹底的に熟知した機器プログラム
    トリートメント時に使用するカットオブフィルターの特殊コーティングでお肌の保護を強化。
    事故を未然に防ぐ研修の実施(機器導入サロン様へは必須となります。)
  • ②安心してお使い頂く為に・MDS株式会社の脱毛器は国内メーカー産だから納品から機器トラブル発生時などの対応がスムーズ。
    業界最大級の空水冷システムにより長時間の機器稼動が可能。(24 時間連続稼動テスト済み)
    照射クリスタル面最大マイナス4℃で照射時の熱からお肌を守り、火傷などの皮膚トラブルを未然に回避。
    照射間隔が1.5 秒~1.8 秒なのでトリートメント時間がスムーズ。
  • ③冷却用パッドの使用や冷却ジェルが不要。

≪結果が出るということ≫
  • ・照射発光率を常に安定させランプ最終光まで施術ムラが出ないハイブリッドコンピューターシステムの搭載。
  • ・経済産業省の原因究明期間である『生活科学研究所』において人間の皮膚に最も近いとされるモルモットを使用し、照射時の皮膚への安全性を検証。
    安全であるという報告を頂きました。
    同時に社団法人日本統合医療臨床研究機構において細胞学、物理学応答性を学術的分析及び消費者保護法に基づいた安全性試験を実施。
    臨床検査証明書を取得しています。

≪Piel(ピエル)のハイブリッドシステムとは?≫
インテンス・パルス・ライト(Intense Pulsed Light) は、コンデンサ等を用いキセノンランプ(xenon lamp)を極短時間のみ発光させた光を利用する技術です。
光の波長数、パルス幅、発生させるエネルギー量により様々な治療や脱毛などに用いられています。

≪IPL脱毛機のキセノンガス減衰率は、結果のムラを生み出します≫
キセノンフラッシュランプは、外囲器の両端に高融点で耐久性が高いタングステン金属製リード線をシールし、内部にキセノンガスを気密封入した放電ランプです。
通常、キセノンフラッシュランプの有効寿命は、発光光量の初期値からの減衰率によって規定されており、キセノン管の光量は、発光回数が増すにつれてわずかずつ減衰します。
およそのフラッシュ回数で2000回点灯後における光量減衰率は、10%以内となります。
これは、照度の点灯による減衰特性を示すもので、電極材料が蒸発し発光管の内壁に蒸着し管壁が黒くなるためガラスの透過率が低下して点灯時間とともに照度が低下していくというものです。
さらに電極先端部分が蒸発し、アークにより損傷を受けるため放電が不安定になりアークは時間とともに不安定になってきます。
Piel(ピエル)は、最終ショットまで常に一定の出力や放電を安定した状態に保つことができるハイブリッド制御システムを搭載された最新型美容脱毛機器で、最終光まで施術でき、ムラが出ないように出来上がっています。

純国産脱毛機器『Pielの特徴』


機器の安全性能と確実性能

本機器は『皮膚接触式冷却装置』を内蔵しているだけではなく、『温度コントロールセンサーによる冷却システム』を搭載した、最新鋭のシステムを導入しております。
これは、高い安全性のみにとどまらず、『施術者によって効果が変わることがない』ということを意味しております。
『はやい•キレイ•痛くない』を実現

照射面積が従来の機器より広いのでスピーディーなトリートメントが可能です。
照射間隔1.5〜1.8秒で施術時間も短くなりました。
冷却システム内蔵により、脱毛用フラッシュジェルが不要

従来の脱毛機器では脱毛後に肌が熱を持ってしまったり照射時の火傷を防ぐ為に冷却用ジェルや保冷剤を使用していましたが、Pielには冷却システムが内蔵されているためジェル不要で速やかに施術する事が可能です。

蓮華のアフターケア


蓮華ではアフターケアに「ルナキュアシート」を使用しています。
強酸性電解水(酸化精製水)は、純水に少量の食塩を加え電気分解した酸性の水で、水の分子が小さいので、肌トラブルによりスカスカになった皮膚層に深く浸透し、収斂 (しゅうれん)効果も発揮して、皮膚層をひきしめ、キメを整えお肌をツルツルにします。

7〜8年前から、病院、エステサロン、脱毛エステサロンでも使用される様になり、ニキビのケア、脱毛後のケアに 効果をあげています。
特に、日焼け後に5〜10分湿布すると、肌のほてりを押さえ、すぐに熱いお風呂に入れる程の炎症緩和に効果的です。
強酸性電解水(酸化精製水)は、嫌なべとつき感がなく無香料、無着色です。
吸収性の高い天然素材の不織布、旭化成のベンリーゼは、したたるほどたっぷりの強酸性電解水(酸化精製水)を含ませていますので、雑菌をきれいに落とします。
この旭化成のベンリーゼは、擬似皮膚刺激テストで一番キズをつけにくい素材で、なおかつガーゼに使用されているほどピュアな不織布です。
従来の化粧品では、お肌に含まれている成分を与えて潤いを与えるのに対し、ルナキュアシートに使われている強酸性電解水(酸化精製水)は、肌トラブルによりスカスカになった皮膚層に深く浸透し、収斂(しゅうれん)効果も発揮して、皮膚層をひきしめ水分の蒸発を防ぎ、キメを整えます。
それだけではなく、普段のお手入れにプラスする事で、お肌の基礎体力を高め、健康で潤いのある肌に戻ろうとする肌本来の回復機能を高める新しい方法なのです。
「ルナキュアシートを蓮華で使用している理由」
  • 1.強酸性電解水(酸化精製水)をたっぷり含ませています。
    純水を電気分解して出来る強酸性電解水(酸化精製水)をたっぷり含ませたキュアシートで清拭を行い体を清潔に保ちます。
    お肌のケア、赤ちゃんのオムツ替え、お年寄りの床ずれのケアに。幅広くお使いいただけるものです。
  • 2.アルコール・パラベン指定成分 無添加です。
    強酸性電解水(酸化精製水)だけで、アルコール、パラベン等無添加です。
    赤ちゃんからお年寄りまで使えて、安心・安全です。敏感肌の方にも、おすすめです。
  • 3.強酸性電解水生成器は、医療用具商品です。
    製造元使用の強酸性電解水は、医療用具として承認された生成器より生成された水です。
  • 4.エコロジー商品です。
    強酸性電解水(酸化精製水)は、有機物にふれると徐々に普通の水になっていきます。 
    基布原料は、天然繊維のコットン100%(旭化成ベンリーゼ)使用です。
  • 5.各医療機関の豊富な研究。
    各医療機関で、老人介護に対して強酸性電解水(酸化精製水)を用いた研究がなされています。